What a wonderful day !


札幌在住。2010年3月生まれの息子との暮らし、好きなもの、日々のことを書いてます。ととのった住まい、女子力アップ、時間の使い方について日々模索中.
by yasuyoleob
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
まさかの…
at 2015-04-23 14:42
オヒサシブリデス…
at 2015-04-21 14:12
トイレトレーニング完了!!(..
at 2013-10-30 23:53
月兎印ドリップケトル
at 2013-10-24 22:12
最近のコスメ事情と、プレゼント
at 2013-10-16 22:50
Links
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:妊娠前のこと( 10 )


妊娠前のこと⑩

ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
一応、今回で終了できるように…頑張ります(笑)

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①                   
前回の記事はこちら→妊娠前のこと⑨

<最後に>
※やっぱり最後も長くなってしまいました~すみません(T_T)

前回までは主に身体のことについて綴ってきました。
ラストは、精神面について触れたいと思います。

「今すぐ」でなくとも「将来的には」子供が欲しいと思われる方は多いと思います。
勿論、私もその一人でした。
女性が結婚して(場合によっては未婚状態だとしても)、子供のことを気にかける時、
やはり、気になるのは「仕事・お金(収入や貯金)・二人の時間」ではないでしょうか。
私もこの3つについては、ずいぶんと考えました。
以下、簡潔に…。

【仕事のこと】
専業主婦になって今3年目。元々は夫と同じ職場でした。
待遇はよかったけれど、生涯働き通したいと思える仕事ではなく、一昨年3月に退職。
どうしてもチャレンジ(転職)してみたい業種があり、随分悩みました。
でも、土日祝がお休みの夫とは真逆で、土日祝勤務が基本。
もしその仕事に就くとしたら、すれ違いは必至です。
「やりがい」を選ぶべきか、「夫婦の時間」を大切にすべきか。
これは本当に長い間、悩みましたが。
やはり私には、例え一人の収入で慎ましやかな生活を余儀なくされたとしても、
「夫と過ごせる時間」のほうが大切、という結論に至り、その業種は断念。
転勤族で2~3年おきに引っ越ししなければならないので、
今後も子供が幼稚園~小学校くらいの年齢になるまでは、仕事はしないと思います。
しても、引っ越しを考えるとパートくらいかな、と。

【お金(収入・貯金)のこと】
引っ越してきて、残業代も増えたので、
以前よりは少し余裕がある暮らしができているような…いないような…。
増えた残業代の分、飲み会も増えているので微妙ですね(^^;)
貯金も、車を購入してしまったので頭金で結構な額が飛んでいき(T_T)
しかもローン生活開始という…(笑)
でも、このタイミングで授かったということは、
きっとこれが「わがやにとってのベストタイミング」だったのだと思います。
産後子供がまだ小さくて、月々の負担がそれほど多くないうちに、
ローンを払い終えなさい、というわが子の計らいなのかと…(笑)

【二人の時間のこと】
結局私達は、結婚4年目に子供を授かったことになります。
今思うと、私達にとってはちょうど良かったと思います。
働いている間も、仕事を辞めてからも、二人で仲良く楽しく過ごしてきました。
「結婚したらすぐ子供が欲しい」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方は、すぐに産んでもいいと思います。
「少しは二人の時間も楽しみたいな」と思われる方、思う存分満喫して下さい(笑)
今の時代、結婚してから2~3年くらい二人で過ごしているなんてごく普通のこと。
もし親戚だったり、会社の人等、他人に「子供はまだか」とか、
嫌なことをいわれたとしても、軽くあしらいましょう(笑)
「その夫婦にとってのベストタイミング」は、世間一般の感覚と必ずしも一致しません。
親戚や親しい友人が妊娠したら、あせる気持ちもあるかもしれませんが。
それはそのご夫婦にとってのベストタイミングなのであって、
自分達夫婦にも同じくベストといえるかというと…必ずしもそうではありません。
「同級生にしたい」気持ちもわかりますが、よく考えてみてください。
自分達のペースでよいのです。
事実、私達も結婚2~3年も経つ頃には、ずいぶんいろんな方々からきかれました。
その都度、「まだ」と答えていましたが、別に不快ではありませんでした。
気に障る方には、結構なプレッシャーかもしれませんね。

個人的には、「2~3年くらい二人で過ごしてからでも全然遅くない」と思います。
二人の時間を大切にすることって、とってもいいことですよ。
お互いの絆も深まるし、子供を迎える覚悟も徐々にできてきますから。
二人で過ごしてきた幸せな時間があるから、出産後も頑張れるはず。
子供が産まれてパパとママになっても、二人の関係は大切にしたいですし。
…って、まだ育児経験のない私の理想論なんでしょうか(笑)


【↑まとめると】
特にお金のことで悩まれていらっしゃる方、悩むなら具体的に考えたらいいと思います。
例えば、子供を産むのが1年後・2年後・3年後だとしたら…と、
それぞれの貯金額をシュミレーションするのです。
妊娠してから産休に入るまでというのは、短すぎるスパンです。
妊娠してからも、どんどん出費はかさむのですから…。

出産を遅らせれば遅らせるだけ、貯金額は増えます。
その分、自分も年をとることになります。
でも、二人で楽しく過ごす時間も増えます。
二人でやっておきたいこと、消化できる猶予ができますね。
子供が生まれたら、二人きりの時間は数十年お預けです。
仕事も、年数が経つにつれ、自信が伴い、
産後に職場復帰するにあたっての不安が少しでも拭えると思います。

これらのことを全て秤にかけた時…どうでしょう?
「仕事やお金のことも不安だけど、やっぱり1歳でも若いほうがいい!!」
そう思われる方は、きっともう産み時なんだと思います。
仕事やお金は、きっと何とかなります(笑)
「やっぱり仕事やお金のことがどうしても気にかかる」と思われる方、
そういう方こそ、よくよく考えたほうがいいです。

「子供は絶対30歳までに産む!!」とか、「貯金が〇万になったら」とか、
「出産前に〇kg痩せておいてスリムな妊婦がいい」とか(私は叶いませんでした…)、
いろいろ条件をあげていると、
却ってそれが自分を縛る、ストレスの元になりかねません。
特に、真面目で頑張り屋な方や、神経質に思い悩む方は注意が必要です。
出産に関連して、自分がこだわること・心配なこと、一度全て書き出して、
自分が本当に大切に思う(最優先させたい)ことは何か、考えてみるといいです。
あくまで一つか二つ程度ですよ。それ以上だと、ちょっと多いかもしれません…。
望むこと全てをクリアしよう、というのはムシがいいお話です(笑)
稀に全てをクリアするラッキーな方もいらっしゃいますが、
世の中、自分の思い通りにならないことのほうが、ずっとず~っと多いのですから。
ある意味、「全てうまくいかなくて当然」との諦め(割り切り?)も必要です。
私も「貯金」と「体重」が予定通りにはいきませんでしたが、
子供を授かることができたことの前では、大したことでないと思えます(笑)


【これからの方へ】
↑長々と綴ってすみません…が、子供を迎えるにあたって最優先したいことは何か、
よく考えてみてください。
悩んだ時間が多いほど、妊娠が発覚した時には、報われた感を感じます(笑)

そして、何よりも自分の身体を労ってあげてください。
自分の身体の変化を意識してみてください。

一度目に生理が遅れた時、妊娠中だった親友に言われた印象的な一言があります。
「子供を欲しいと思った時がスタートラインだよ」と。
精神的に「子供を迎えてもいいかな」と思えることは勿論です。
子作りを開始する前から、「妊娠に備えて身体を整えておく」ことはもっと重要です。
子作りを開始してから何か異常が発覚したら、結構ストレスが大きいと思います。
私のように、一見無駄に思えるかもしれないけれど、通院を開始しておくほうが、
子作りを解禁してからのガッカリ度は少ないように感じます。
だから、私のスタートラインは「通院を開始した時」だったのでしょう。

もし、子作りを開始して何ヶ月も子供ができない…と不安を抱えていらっしゃるなら、
すぐにでも婦人科の診察を受けることを、強くお勧めします。
子供を授からないのは、
「タイミングが合わなかったのか、自分に原因があるのか、相手に原因があるのか」
思い悩んでいても、やっぱりわからないからです。
診察を受けて、自分が思っていたタイミングとはズレがあることを知るかもしれませんし。
何も異常がないことを専門医に証明されて、安堵感を感じるかしれません。
逆に、残念ながら、何か婦人科系のトラブルが発覚するかもしれません。
ご主人の側にトラブルが発覚するかもしれません。
ショックを受けるかもしれませんが、何か異常があるなら、
一日でも早く治療を受けることが、妊娠への近道です。

結局私は、「不妊治療」ではなかったのだと思います(気持ちはそうでしたが)。
「ホルモンバランスが乱れていた」だけ。
「そろそろいいかも」と思った途端に授かったので、
私はやっぱり精神的なことにかなり左右されていたのでしょう。

世の中には、もっと高度で高額な治療を受けていらっしゃる方も沢山いると思います。
そんな方々も、最初は通院して、服薬や注射をして、タイミングを合わせて~、
と、段階を踏んで、それでも授からない…時に、次のステップに進んでいらっしゃいます。
早期発見というか、病院に行くのが早ければ早いほど、
早い段階での妊娠ができる可能性は高いのだと思います。
服薬を続けているうちは、月々の経済的負担もそれほど大きくありません。
体調が気になる方は、早めの婦人科受診を!!これだけは念を押しておきます(笑)

もう一つ、人間が妊娠する可能性は、動物よりずっと低いそうです。
馬とかが70%くらいなら、人間は25%程度だと聞きました。
「すぐに授からなくても全然おかしいことではない」のです。
どんな方でも、不妊治療をされている方でも、確率の問題があると思うのです。
子供を望む全ての方々のところへ、お子さんが早く来てくれますように。
心からお祈りいたします。


**********

本当に長くなってしまいましたが、「妊娠前のこと」シリーズ、
やっと今回を以て完結です。
「自分の記録のため」が第一、
「これから妊娠を考えてらっしゃる方のために参考になれば」というのが第二。
身体に異常がないのが一番ですが、こればかりはわからないこと。
もし異常が発覚しても、受け入れて前に進めるように。
異常がなく、すぐに子供を授かることが一番ですけどね~。
「これから」の方々が、私のように悩んだりせず、無事に授かってくれますように。
悩んでも、「子供ができない身体」だと烙印を押されたわけではないし。
「自分の身体を労り、身体の調子を整えるメンテナンス期間」だと思いましょう。
「自分は絶っ対に子供を産むんだ」という強い意志があれば、きっと大丈夫。
私もこれまで綴ってきたとおり不安に思うことも多かったのですが、
「いつか必ず」との思いはありましたから(笑)


今後は、マタニティ編&日常のことをメインに更新しますね。
マタニティ編は、実質「妊娠前のこと⑨」の続き、ということになります。
妊娠発覚のあたりについて綴っていくほか、
既に購入したマタニティグッズ、疑問に思ったこと等に触れていく予定です。
今まではちょっと重々しい内容が続いて、コメントもしづらかったかもしれませんが(笑)
これからはどうぞ気兼ねなくコメントくださいね~!
先輩ママさんにも、いろいろ教えていただけると嬉しいです(*^_^*)

長々とお付き合い下さいまして、
本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-20 13:41 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと⑨

こんばんは。
ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
もう少し、このシリーズを早く終わらせることを優先しますね~。
そろそろ終わりが近づいているような…10回前後になる予定です。

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①               
前回の記事はこちら→妊娠前のこと⑧

<引っ越してきてからのこと>
※すみません、この回はちょっと長くなっています(>_<)
※ちょっと下ネタらしき内容も含まれます。気になる方は閲覧をお控え下さい。

今年の春、夫の転勤で札幌へ引っ越すことになり、
数ヶ月お世話になったその病院から紹介状をいただき。
札幌で新しい病院へ通うこととなりました。

札幌での病院探しは、まずは距離と評判(笑)
2つの病院で悩んだ末、一番近く、徒歩圏内と思われるクリニックへ行きました。
その病院は〇〇産科・婦人科クリニックだし、
院長先生も不妊治療の本を何冊も出版されていらっしゃる方で。
もし本当に子供ができない…となった時にいいかも~という思いで決めました。
この時は自分なりに最善の決断をしたつもりだったのですが。
後に意外な落とし穴があったことに気づいたのです…。
これはマタニティの回で報告しますね~。

こちらの病院の院長先生は、とってもいい先生でした。
初めての婦人科診察ではないといえ、やはり初めての病院は緊張します。
おっとりした話し方で、すぐに緊張もほぐれました(^o^)
「あまり薬には頼らず、自力で排卵する方向にもっていこうね」とのこと。

初回で採血し、二度目の診察で結果を聞きました。
ホルモンバランスが整っているかを確認するための検査だそうで。
排卵には、脳下垂体や卵巣、甲状腺、副腎?…など、
いくつかの器官から分泌されるホルモンが関わっているそう。
検査結果では、排卵に関わる重要なホルモンは、いずれも数値的に全然問題なし。
「全然異常はないんだけどな~。なんで排卵しないかな~。」と首をかしげる先生(笑)

実は初めて診察に行った時は、「子供は今すぐ考えていない」と伝えていました。
引っ越してきたばかりで、私も掃除(思い出すと腹が立つ…)や荷ほどきに追われ、
夫も初めての仕事・多忙な職場に慣れるのに、お互い必死だったからです。
この時も生理が遅れました。
でも、もう「自分は強いストレスがあると生理が遅れる」ことを学んだから。
「ああ、今のこの状況はストレスなんだ~」と客観的に思いました。
遅れている、ということは多少ならずも憂鬱な気持ちもありましたが。
オロオロしていた去年までの私に比べて、少しは成長したのでしょうか(笑)

…で、「夫の仕事の都合」で先延ばしにしてきた子供のこと。
「どうするの?」という話になっても、いつも結論は出ないまま。
5月か6月くらいだったでしょうか、
また結論は出ないだろう…と思いつつ、夫に尋ねました。
そしたら、「仕事も落ち着いて慣れてきたし、そろそろいいかな」と!!
「えっ!?」とちょっと意外でしたが(笑)
かくして、やっと子作り解禁となったのです。

それまでは、「身体の調子を整えなくては」と通院をしていましたが。
「本当にいつか子供を産む時が来るのだろうか」とか、
「このままできなかったら…」とか、
「いっそのこと、ずっと二人でもいいかも」とか、
いろんなコトを考えながら通院していました。
なんだか「子作りも解禁していないのに、不妊治療をしている」ような、
複雑な心境でした。

解禁してから、先生にも「そろそろ…夏くらいからでも欲しいんです」と伝え。
結局、こちらへ転院してきてからは、薬は一度しか服用しなかったと思います。
あくまで、自力で排卵するのを待つ、ということで、
大体2~3週間おきに通院していました。

6月の通院の時、超音波をご覧になった先生が、
「これは排卵直前だね」とおっしゃいました。
続けて「もし子供が欲しかったら、明日と明々後日、頑張ってね」とも(笑)
これは、連続して頑張るよりも、一日空けたほうが、精子くんの質がよいそう。
実は、知り合いから同じコトをきいたことがあり、その時は、
「え~変なの~(笑)」と思っていたのですが。
やっぱり私も言われました~(笑)

子作りの時は、「排卵日前後に一日おきに」、これポイントです(笑)
さらに、男女の産み分け方法もあるようですが…。
結局、産み分けはしませんでした。
生まれてくる子に委ねよう、というか。

折しも、金曜日に病院に行ったので、土曜と月曜がXデー(笑)
土曜日…頑張りました(笑)
月曜日、「今日は早く帰ってきてね」と夫に念を押し。
月曜日の日中、そういえば、
「今回で子供ができたら何月生まれになるかな?」とふと思い立ち。
計算してみたところ…なんと3月生まれ!!
「早生まれは避けようね。4月以降に生まれるようにしたいね」と話していた私達。
でも…計算間違ってた~~~!!!!!!
おバカですみません…(笑)
それで、帰ってきた夫に、
「実は…計算間違って…今月の子は3月生まれになっちゃうみたい…」
と伝えたところ。
「早生まれは避けたいから、今日はやめておこう」だそう。
土曜のことは…もう済んだことだし、
「この1回で授かったら奇跡だね」と思うことにしました。

かくして奇跡が起き(笑)
幸運にも、解禁して1回目ですぐに子供を授かることができました(^_^)v
私自身が「きちんと排卵していないから、授かるまで数ヶ月はかかるだろう」、
そう思っていたのですから、本当に驚きです。
だから、「1度もがっかりすることなく授かることができてラッキー」と思ったのです。


さて、この回はかなり長くなってしまいました~。
妊娠前のこと、大体説明し終わりました。
ここまでお伝えして、ようやく「妊娠発覚」以降のことを記事にできます(笑)
長らくお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
ちょっとコメントもしづらい内容だったのに…(笑)
読んで下さって嬉しい限りです(*^_^*)

大変申し訳ないのですが…あと1回、お付き合いいただくことになります。
これで終わり?と思われた方、すみません(笑)
今回までは、身体のことについて綴ってきましたが。
次回、精神面について触れたいと思います。
一応、次回で「妊娠前のこと」シリーズは終了予定ですが…。
長くなってしまったらすみません(^^;)
読んでくださって、本当にありがとうございました(*^_^*)
それではまた~。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-18 23:15 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと⑧

こんにちは~。
ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
そろそろ終わりが近づいているような…多分、10回前後になる予定です。

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①             
前回の記事はこちら→妊娠前のこと⑦

<通院と服薬のこと>

生理が遅れて二度目の婦人科受診で。
「無排卵の可能性がある」と先生がおっしゃいました。
続けて、
「どうでしょう?子供は欲しいですか?
まだ子供は望まないのであれば、前回同様に様子を見ることになりますが。
そろそろ子供を希望するというのであれば、治療をすることになります」とも。

「子供を産めないかもしれない・できないかもしれない」という衝撃を受けたので。
「治療をお願いします!」と即答でした。
その時は、「子供はいつ」と結論が出ていないことや、夫の考えはどうでもよく(笑)
「いつか来る妊娠に備えて、身体の調子を整えておくこと」が最優先な気がしたのです。
その後、「治療」と一言で言っても、不妊治療なの?高額なの??とも一瞬思いましたが。

私の返答をきいた先生は、
「まずはホルモンバランスを整えるお薬を飲みましょう。2種類あります。」
…と、説明して下さいました。
そして、「毎月1回通院の必要があること・基礎体温は継続すること」とも。
ドキドキしながらお会計の窓口に行くと数百円(だったと思います)。
経済的に大きな負担もなく、ホッとして帰宅したのでした。
夫へはお昼休みに連絡。独断で治療を決めたこと、
夫は特に怒る様子もなく、「いいんじゃない?」だそう。よかった~(´∀`)

私がずっと服用していた2種類の薬。
一つはプラノバールという、生理を起こす薬。
1週間服用したら、数日後に生理がきます。
もう一つはスパクロミンという、排卵誘発剤?のような薬。
こちらは生理の5日目から5日間服用します。
これで「生理がくる→排卵する」という流れをクセつけて。
いずれは薬を飲まなくても生理・排卵が自然のサイクルでくるようにするのが目的です。

昨年の秋から服用を開始し、今年に入ったくらいには、
自然と生理がきたのでプラノバールをお休みしてスパクロミンのみ、
という状態にまでもっていくことができました。
費用も、毎月数百円程度で負担が軽かったのも安心したことの一つです。


ちなみに、この二回目に生理が遅れた時。
気持ちは、「そろそろ子供がいてもいいかな」と、少し思うように。
初めて、「妊すぐ」を買ってみました(笑)
あの、プレ妊婦には早すぎる!と思った雑誌です(妊娠前のこと③参照)。
そうしたら、知らないめくるめく(爆)新たな世界!
「マタニティウエアはダサイ」ときいていたけれど、それほどでもなく。
ベビーグッズはこんなに種類があるの!?と、いろんな発見が(笑)
お陰で、「〇〇メーカーのこういう商品がある」ということだけ詳しくなり、
なんだかベビーグッズに耳年増…的になってしまいました~(^^;)
見ているだけで楽しかったし、
気分を紛らわすことができたのでよしとしましょう。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-18 14:52 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと⑦

こんにちは~。
ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
もう少し、このシリーズを早く終わらせることを優先しますね~。
興味のない方には本当にすみませんm(_ _)m

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①          
前回の記事はこちら→妊娠前のこと⑥

<二度目の婦人科診察>

生理が遅れ、また妊娠検査薬でも陰性。
前回(妊娠前のこと⑤参照)お世話になった婦人科へ、また行きました。
初めて行ったのが一昨年の10月、二度目が昨年の6月。
10ヶ月ほど経過し、基礎体温表も、それなりに続けていました。

基礎体温表をご覧になった先生がこうおっしゃいました。
「無排卵の可能性があるね。とはいっても、全く排卵していないわけではなく、
排卵している時もある」…と。

基礎体温のグラフについて説明するのを忘れていました…ので簡潔に。
基礎体温は、生理がくると体温が下がります(低温期)。
28日周期の場合、約2週間後に排卵日がきて、
低温期よりさらにガクッと体温が下がります。
この前後にタイミングが合えば、妊娠できる可能性が高くなります。
排卵日の後は、体温がグッと上がります(高温期)。
低温期と高温期の差は、0.3℃以上、だった気がします(うろ覚え)。
妊娠していない場合、約2週間程度高温期が続き、生理が来たら低温期へ。
妊娠している場合、3週間以上高温期が続くことになります。

正常な基礎体温のグラフの例です↓
a0117493_12581916.gif


話を私の場合に戻しますね。
で、排卵していない時のグラフは↑の低温期と高温期が現れず、
大体同じ体温くらいを推移していることになります。ちょうど下のグラフ。

低温期と高温期に分かれない基礎体温のグラフ↓
a0117493_1305487.gif

ただなんとなく記録していた私の体温。ばっちりこの型でした(T_T)

(グラフは妊娠プラスという、たまたま見つけたサイトより拝借しました)


そして先生のとどめの一言(笑)
「毎月きちんと排卵している女性が妊娠できる割合を10とすると、
2ヶ月に1回しか排卵しない女性の場合、半分の5ということになる。
勿論簡単に数字で割り切れるものではないけれど」…。
先生は、「妊娠できるチャンスが正常に排卵している人より少ない」
ということを、例を挙げておっしゃったのだと思うけれど。
予期せぬお言葉に、さすがにその場で泣きそうになりました。

健康体とは思っていなかった自分の身体だけど。
「たまたまストレスで生理が遅れただけ」だと思っていたので、
「妊娠できないかもしれない・しにくい身体」だとは夢にも思わず。
ピルを服用してたから悪かったのかな、とか。
(ピルを飲んだからといって、妊娠できないわけではありません)
もっと若い頃、結構不摂生したのがたたったのかな、とか。
「まだしばらく子供はいらないや~」って思ってごめんなさい、とか(笑)
このまま一生産めなかったらどうしよう、とか。
夫に言ったらどんな反応するのかコワイ、とか…。
とにかく、その一瞬でいろんな思いが胸中をよぎりました。

長くなってしまうので、続きはまた次回へ。
読んでくださってありがとうございました(*^_^*)
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-17 12:32 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと⑥

おはようございます!
ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
できるだけ長々と続けないように気をつけますが、
このシリーズを早く終わらせることを優先しますね~すみませんm(_ _)m

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①      
前回の記事はこちら→妊娠前のこと⑤

↓遡って,全てサブタイトルをつけてみました~(笑)
<二度目の妊娠検査薬>

生理の遅れでバタバタした地方生活一年目も過ぎ。
昨年,二年目の6月……またまた生理の遅れΣ(°°)!!
この時は,夫の仕事に関連して,強いストレスがありました。

やっぱり体温は上昇しておらず。
やっぱり妊娠しているか・いないか,気になってしょうがない状態(笑)
やっぱり妊娠検査薬を試さずにはいられない。
そして,やっぱり二度の撃沈(陰性)…orz

この時,強く思ったのですが。
「妊娠検査薬は,むやみやたらに使わないようにしよう」と。
これは,人によるのでしょうけれど,私のように,
試す前の期待度と試した後のガッカリ度が強く,気分が左右される方は,
あまり使わない方がいいと思います。
「またダメだった…。なんで私には子供ができないの??」…と,
思い詰めてしまう方は特に。
「残念,今月もダメか~。また来月に期待しよう♪」と,
ガッカリしてもすぐに気持ちを切り替えられる方ならいいと思いますが…。

この二回目の検査薬のガッカリ~で,
「本当に妊娠したかも?と強く確信する時まで封印しよう」と誓いました(笑)
妊娠検査薬も,1本入り800円程度,
2本入り1200円程度(お値段はうろ覚えです)。
もし毎月のように試して,2ヶ月,3ヶ月と妊娠しなかった場合。
妊娠検査薬にかける費用も,どんどん増えていきますよね??
「今月こそはできてるかも」…と期待する気持ちもわからなくはありません。
でも,かけた費用が2000円を超え3000円を超えたら…。
その費用,勿体ないと思いません??
それなら,妊娠してからベビーグッズにその金額を費やした方が,
よっぽど有意義なお金の遣い方だと,私は思います。
まあ,無事に妊娠できたからそう思えるのかもしれませんが…(^^;)

次回は,二度目の婦人科診察について。
読んでくださってありがとうございました(*^_^*)
それではまた~。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-17 07:51 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと⑤

こんばんは~。
ずっと「妊娠前のこと」シリーズが続いてしまってすみません(>_<)
正直、興味のない方にはどうでもいいことですよね(笑)
…でも、気づいてしまったのです。
妊娠前のことに触れておかないと、妊娠してからのことを説明しにくいと…。
なので、できるだけ長々と続けないように気をつけますが、
このシリーズを早く終わらせることを優先しますね~すみませんm(_ _)m

以前の記事はこちら→妊娠前のこと①    
前回の記事はこちら→妊娠前のこと④

<婦人科診察とストレス>

さて、妊娠はしていないが生理は遅れている状態。
一昨年は地方に住んでいましたが、(産)婦人科は二つ。
初めて行くので夫に付き合って(車で連れて行って)もらったけれど。
市立病院は、土曜日午前中というのに休診。ありえなーい(T_T)
そこでもうひとつの個人病院クリニックへ。

早速診察を受け、基礎体温表も先生にお見せしました。
「ちょっとホルモンバランスが乱れたのかもしれないね。
生理が遅れること自体は異常ではないし、1週間もすれば来るんじゃないか」とのこと。
実際、1週間後くらいには生理がきて安心しました。

その時、先生はこんなこともおっしゃっていました。
「子供が欲しいと思ってから(=子作りを開始してから、という趣旨だと思います)、
2年くらい授からないのであれば、不妊治療を考える必要もあるが、
子供を今すぐ望んでないなら、心配することはない」と。

ホルモンバランスの乱れ?というのが、ちょっと気になりましたが…。
ひとまずは「問題ない」ということに、その時は安堵感を覚えました。


実は基礎体温をつけ始めたものの、自分の体温が描くグラフが、
正常なものなのか、異常なものなのか、全然わかっていませんでした。
生理が遅れてすぐに相談した妊娠中の親友は、
「妊娠したら、体温はググッと高くなるよ~。体温上昇がなければ妊娠してないかも」
と言っていました。
そう、生理は遅れているけれど、体温は上昇していなかったのです。

この体験をもって、「自分の身体の変化を意識することの大切さ」を、
初めて感じたのです。
まあ、すぐ忘れてしまったんですけどね…(^^;)

ちなみに、このとき生理が遅れたのは、精神的に強いストレスがかかっていたので。
免許を取りに通っている時期でした。
「車を運転したら、絶対お年寄りとか轢いてしまいそう」という、
自分の運動神経のなさに絶大な自信(不安?)を感じていたので。
自動車学校に通ってから、最終的に免許証をもらうまで、
心から苦痛な日々だったんです。
皆様笑われるかもしれませんが、私にはとっても切実な問題だったのですよ~(笑)
ちなみに、仮免で何回落ちたかはヒミツです(爆)

↑また、これと同時に、「強いストレスって、身体に影響するんだな~」と。
改めて女性の身体とはデリケートなものだ、とも実感したのです。

ちょっとこの回は長くなってしまいましたね…(^^;)
以後、できるだけ簡潔に努めま~す(笑)
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-16 23:39 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと④

前回、また中途半端に終わらせてしまったので、続きです(笑)
以前の記事はこちら→妊娠前のこと①  妊娠前のこと② 
前回の記事はこちら→妊娠前のこと③

<初めての妊娠検査薬>

「妊娠の可能性があるかも」と思い、すぐその時妊娠していた親友に電話。
いろいろ話をきいてみて、どうやら妊娠ではない…?
でも、白か黒か、はっきりしないと気が済まない状態(笑)
早速、妊娠検査薬を購入しました~。
念のため、2本入りを購入。

…で、すぐ試してみましたが。やっぱりというか…陰性。
なんだか撃沈した気分でした(笑)
「今いたら困る」んだけれど、「いたら嬉しい」のも事実。
何て自分勝手なんでしょう(^^;)

5~7日くらい時間を置いて、2本目を試しても、やっぱり陰性。
この時が人生初の妊娠検査薬トライでしたが。
陰性って、な~んにも反応が出ないんですよね~。

あ、妊娠検査薬について簡潔に説明すると、
妊娠するとできるホルモン(HCGホルモンだったか?)が、
尿中に放出されるので、尿に浸して、一定量以上あれば「陽性」と判定されます。
(「陽性=妊娠している可能性がある」ということです)

で、陰性の場合に話を戻しますが。
陰性/陽性が判定される判定窓とは別に、
検査がちゃんと終了したか判定される窓(終了窓)があります。
尿に浸すと線が浮き上がってくるのですが。
終了窓にはきちんと線が浮かび上がるのに、陰性の時は判定窓は無反応。
(無反応というか、陽性らしい反応ではないというか…)
ちょっと虚しさを覚えます(^^;)


じゃあ、生理が遅れているのはなぜ!?ということで、婦人科を受診することに。
そこで初めて、「基礎体温表」を持参する日がきたのです。
まだ3~4ヶ月しか記録していない状態でしたが…。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-16 18:18 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと③

前回、中途半端に終わらせてしまったので、続きです(笑)
以前の記事はこちら→妊娠前のこと①
前回の記事はこちら→妊娠前のこと②

<プレ妊婦向けの書籍の少なさ>

生理が遅れたこと、実はしばらく気づかず(笑)
気づいてからは…「も、もしかして…!?」とちょっと動揺。
心あたりも…なくはない。ドキドキしました。

まずは情報収集!!ということで、夫と二人、本屋さんへ。
…でも!!
「これから妊娠を考えている人向け」の本って、意外とないんです(^^;)
(当時は地方在住だったので、品揃えがイマイチだったのかもしれませんが)

雑誌コーナーには「たまごクラブ」シリーズやら、
「妊すぐ」シリーズやら、「Pre-mo」シリーズやら、たくさんの雑誌。
(妊娠期~出産後~キッズ等、時期によって種類があるのです)
でも、「現在進行形」の妊婦さん向けで、どうも私達には先の話すぎます。

書籍コーナーはもっと顕著(笑)
「妊娠出産大百科」的なものやら、「子供の名前づけ大百科」やら、
「マタニティヨガ」やら…「離乳食」関連やら…。
プレ妊婦、締め出しをくらったかのよう(笑)

その側には「不妊症」に悩む方々向けの書籍。
まだこっちは関係ないよね…。

…ということで、プレ妊婦向けの情報はあまりないな~と実感。
それでも、まだ読めるかな…?と思える雑誌2冊を購入。

↓私が購入したのはこちら。もう一昨年の刊だそう。
a0117493_1128469.jpg

↓現在売られている2009年版は坂下千里子さんが表紙のものです。
a0117493_11281651.jpg

こちらのシリーズは、比較的プレ妊婦でも入りやすい内容でした。
これから妊娠を考えていらっしゃる方は、立ち読みでチェックしてみて下さい(笑)
こちらと、「初めてのたまごクラブ」を購入してみました。


早速、買ってきた雑誌を読み、情報収集するも…。
結局、「生理が遅れていること=妊娠しているのか」はわからず(笑)
「もう少し様子をみて、それでも遅れたら病院に行こう」という結論に至りました。
でも、女性の心理とは不思議なもので。
一度「妊娠かも!?」と少しでも妊娠の可能性を考えたら、
もう気になって気になって、しょうがなくなるんですよね(笑)
それから数日、また悶々とする日々が続きました。


また中途半端な気もしますが、今回はここまで~。
2回も引っ張るほどの内容でもないので予告しておきますが、
結局この時は妊娠していませんでした~(笑)
次回はこのくだりを綴りたいと思います。
読んでくださってありがとうございました(*^_^*)
それではまた~。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-16 11:34 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと②

引き続き、妊娠前のことを…。
前回の記事はこちら→妊娠前のこと①

基礎体温のことを続ける前に。
私のまわりの出産状況について少々…。

<私のまわりの出産状況について>

私の友人達は、23歳くらいまでに第1子を産んだ友人と、
(この時に生まれた子供達は、今年小学校入学とか…!)
一昨年、27~28歳くらいに産んだ友人に大別されます。
あ、義兄のところの姪っ子ちゃんも、一昨年生まれました~(*^_^*)

親友の一人も若くして子供を産んだのですが。
仕事に精一杯の時期で、おめでたく嬉しいことではあったけれど、
当時の自分には、子供を産むことなんて遠い将来のことという感じで、
「出産」ということ自体は、とても他人事でした。

やはり、子供のことを真剣に考えるようになったのは、
2年前、もう一人の親友が妊娠した時。
「いつ産むか」の結論は出ていなかったものの、
やはり「今産んだら同級生にできるかも」とか思ってしまうんです(笑)
でも、いろんなことを考えると、わがやにはまだ早いような…。
できたら嬉しいけれど、現実には「今」だとちょっと困る…。

そう思っていた時、生理が遅れました。
2年前の秋くらいだったと思います。


…中途半端ですが、続きはまた次回~(笑)
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-15 23:22 | 妊娠前のこと

妊娠前のこと①

こんにちは~。
皆様、前回の記事にお祝いコメントを寄せてくださってありがとうございます!!
誕生日の時も思いましたが、たくさんの方々に、
「おめでとう」っていっていただけること、本当に嬉しかったです☆


かなり迷ったのですが、自分の記録のため、
(産んだ後は忙しいと友人達から聞くので、昔を振り返る余裕はないかと思い)
妊娠に至るまでのことも少し綴っていこうと思います。
自己満足ですみません(>_<)
以後しばらくは、妊娠前のこと/マタニティライフ/日常のこと…と、
見事にバラバラな構成になるかもしれません。
妊娠前のことは、興味がない方はどうぞスルーしてください(笑)
将来的にお子さんを考えていらっしゃる方に、少しでも参考になれば幸いです。


…ということで、妊娠前のこと。早速綴らせて頂きます。

<基礎体温のこと>

働いている頃は、生理痛がひどいこともあり、低用量ピルを服用していました。
当面子供の予定はなかったこともあり…。
仕事を辞め、専業主婦になるにあたり、ピルをやめることに。
経済的にも負担が…というのと、何年後かには子供を産むだろう、ということで。

それで、基礎体温をつけ始めました。
基礎体温計は、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが…。
形は普通の体温計と同じですが、小数点以下第2位まで測定できます。
体温の推移で、排卵日や低温期・高温期等、身体のサイクルを知ることができます。

朝目覚めてすぐ、布団の中で口中(舌の根)で測定します。
最初から、グラフとか作成してくれる高性能タイプにすればよかったのですが…。
シンプルな型を買ったので、基礎体温表に自分でグラフを作成しなければなりません。
それが面倒で面倒で…(笑)
何日か分、まとめて記録することのほうが多かったです。

記録…の前に、私はいつも体温をケータイにリダイヤルしておきました。
例えば、36.50℃だったら「3650」とケータイに押し、通話ボタンを押しておく。
それで、日時と体温を記録することができます。
後から基礎体温表に、これを見て記録するのです。
ちなみに、なぜケータイかというと、ケータイのアラームで起床しており、
枕元にケータイを置いて眠っていたからです。

まだ、「子供はいつ」ということに関して、二人の間で結論は出ていませんでしたが。
「出産に向けての準備として」本格的に(?)基礎体温を付け始めたのです。
それが約2年前の、5月くらいのことでした。


以上、本日はここまで~(笑)
あまり長いと、読んで下さる方も疲れるでしょうから(^^;)
今後は一つの記事はできるだけ簡潔にまとめるように努めたいと思います。
ハイ、あくまで努力目標ですが(笑)

読んでくださって、ありがとうございました(*^_^*)
それではまた~。
[PR]

by yasuyoleob | 2009-08-14 12:23 | 妊娠前のこと