What a wonderful day !


札幌在住。2010年3月生まれの息子との暮らし、好きなもの、日々のことを書いてます。ととのった住まい、女子力アップ、時間の使い方について日々模索中.
by yasuyoleob
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
まさかの…
at 2015-04-23 14:42
オヒサシブリデス…
at 2015-04-21 14:12
トイレトレーニング完了!!(..
at 2013-10-30 23:53
月兎印ドリップケトル
at 2013-10-24 22:12
最近のコスメ事情と、プレゼント
at 2013-10-16 22:50
Links
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トイレトレーニング完了!!(長文です)

やっと、ついに!
息子さん、3歳5ヶ月(8月後半)にしてやっとパンツマンになりました(≧∀≦)


トイレトレーニング。
その言葉を突然身近に感じたのは、息子1歳6ヶ月のこと。
まだロンパース肌着を着ていた夏、事件は起こりました(笑)
自分で股のスナップを外し、オムツも脱げるようになったのです!!
オムツを脱いだということは…そうです、カーペットに大や小のおもらし(TωT)
既に何度かおもらしして、感情的に叱ってしまって落ち込んでいた頃。
先輩ママである友人に相談したところ、思いもよらぬ返答が返ってきたのです。
「『オムツが濡れて不快』ってわかってるってことだよ。
トイレトレーニングを始めるチャンスだよ」と言われました。
(今思えば、わかってた訳でもないんだろうけどw)

トイレトレーニングなんてもっと先のことだと思っていましたが。
これをチャンスと思い、早速おまる(3WAYタイプ)購入。


幼稚園入園後、しばらく成長記録の記事は書いてませんが(^^;)
トイレトレーニングの軌跡を記しておこうと思います。
いつもに増して(笑)長くなるので、興味のある方のみ続きをどうぞ。





【1歳6ヶ月】
9月のまだ暑い時期。
肌着のスナップを外し、オムツを脱ぐ。
大も小もおもらしし、母叱ってしまう。
おまる購入。


【1歳7ヶ月】
オムツにおしっこした「後に」、「ちっち!ちっち!」と教えてくれるように。
その後オムツを脱いでおまるに座り、「しー」と言う。
毎回毎回おまるを指差して呼びに来るので、
(でないとわかっていて)介助をするのが、若干めんどくさい母(笑)
「トイレ(おまる)が用を足す場所」という認識はできたよう。


【1歳8ヶ月】
状況はあまり変わらず。
おまるでなく、トイレに行きたがるように。
補助便座をセットし、座らせてみてもまだ用は足していない。
母もまだ、気長に見守ろうと思う。


【1歳9ヶ月~1歳10ヶ月】
変化なし。


【1歳11ヶ月】
変化なし。
オムツを丸めたり、テープを留めたりしたがるように。


【2歳】
2~3回、おまるでおしっこ成功(≧∀≦)
…といっても、肌着が濡れて、おまるに数滴ついていた程度(^^;)
それでも、親も子も自信に繋がったようでかなり喜んだ記憶が(笑)


【2歳1ヶ月~2歳2ヶ月】
変化なし。


【2歳3ヶ月】
しまじろうなどのDVDのトイレのコーナーを観ると、トイレに行きたがる。
→「たいちゃんも~ といれ~ いく~」
6/13の夜、トイレ(補助便座)に座らせたら、初めておしっこ成功!!
→ちょうどパパもママも見ていたので、勿論褒めちぎりました(笑)
トイレ成功したら、しまじろうのシールを貼るように。
ちょうどこの頃、こどもちゃれんじの教材で、
トイレ成功したら貼るシール&台紙が届いていて。
シール貼りたさに、だいぶトイレに行くように(笑)


【2歳4ヶ月】
小のみ、トイレで結構用を足せるように。
日に0~4回とまちまちですが、しまじろうのシール目的で(笑)
大はまだオムツのみ。
布パンツ(トレーニングじゃない)を履かせた時は、
速攻で濡れてしまい、日に3回くらいは着替え(^^;)
トイレでの成功率が上がってきたので、布トレパンを追加購入。
 (普通の布パンツ8枚、布トレパン3枚になりました)
実家に帰省した時はトイレはほとんど行かなかった。
自宅に戻ってから、自主的にトイレに行くように。
7/25初めて外出先でトイレ成功。
息子よりトイレトレの進んでいるお友達といたので、影響されたかも。


【2歳5ヶ月~2歳6ヶ月】
トイレトレが実家帰省以降、後退してしまった。
以前は日に何度かトイレに行ってたのに、1日1回行けばいいくらいまで減少。
どうやってトイレに行かせるべきか…悩んでいた母。


【2歳7ヶ月】
大きな進歩はナシ。
でも、何回かはトイレに行ってくれるように~!
(前月までは、トイレに行くこと自体嫌がってたので進歩)


【2歳8ヶ月】
トイレトレは相変わらず進歩なし…。
家にいる時に、少しずつパンツを穿かせてみる。
ちょうど幼稚園の願書受付時に簡単な面談があり、
トイレのことを先生に話すが
「まだ時間があるし、入園に間に合わなくても大丈夫」と言われる。
でも、入園までにオムツを外しておきたいのが親ゴコロ。
入園までにオムツ卒業できるのか…?と不安になる母。


【2歳9ヶ月】
相変わらず進歩なし…。
家では誘っても、トイレに行かなくなってしまつた。
で、なぜか外出先では頻繁に「ぼく といれいく~!」と。

布パンツと三重?トレパン、一応息子の好きな車柄など揃えているので、
「パンツマンになろう」と声を掛けて、パンツを穿かせるようにしていた。
(「パンツマン」とは、こどもちゃれんじでしまじろうが使っている言葉)
その時「パンツマンになったら、トイレでうんちとおしっこするんだよ~」と、
言い聞かせていたけれど、何度かパンツを濡らしてしまった。
で、その後。
「パンツ=ぬれると気持ち悪い=トイレに行く」…を期待していたのに、
なんと「パンツ=ぬれると気持ち悪い=パンツ穿かない」になってしまい(TωT)
たまに気が向いてパンツを穿いても、おしっこが近くなると、
わざわざ自分でオムツに穿きかえるように…orz
あと3ヶ月ちょっと…と思うとさすがに少し焦ってきた母。


【2歳10ヶ月】
相変わらず進歩なし…。
家では誘っても、トイレに行かない。
外出先では頻繁に「ぼく といれいく~!」と。そして出ない(笑)


【2歳11ヶ月】
前月から変わらず。
入園までにオムツ卒業は厳しいかな?と不安になる母。


【幼稚園入園】
3月で3歳になり、翌月の4月から幼稚園へ。
トイレに行きたがらない時期が続き、オムツのまま入園することに。
「入園までにオムツ卒業」は残念ながら叶わず(TωT)
トイレトレにうるさい幼稚園ではなかったので、オムツのまま通うことに。


【幼稚園1学期】
オムツを穿き、棚にオムツとお尻拭きを常備して通園。
トイレタイムがあるようで、息子に様子を聞いてみると、
幼稚園ではトイレでおしっこができたりできなかったり…という様子。
家では、定期的に「トイレでおしっこしてみようか?」と誘うものの、
「でない」「いかない」と拒否されることがほとんど(;´▽`A``
でも、おしっこが出ている感じはわかるらしく
オムツに「おしっこでた(でてる)よ~」とは教えてくれました。
そして、頑なにパンツは穿かず(笑)

幼稚園は違うけれど仲良しの男の子のお宅へ遊びに行った時。
おまるを居間のテレビが見える位置に置いていて、
お友達がそこで用を足している姿に影響された様子。
早速、自宅でもおまるをトイレから居間に移し、
「〇〇くんもおまるでおしっこしてたね~ たいちゃんもやってみようか」
…と声をかけたところ、少しずつおまるに座るように!


【夏休み】
「夏はオムツがとれやすい」という諸先輩方の噂どおり、
夏休みで頑張ろうと奮起。←母が(笑)
幼稚園から夏休みの過ごし方等を書き提出するカレンダーをもらっていたので、
目標を「トイレでできるようになる」と設定。
それまでオムツは息子の手の届く場所に置いていたけれど、
トイレに積極的に行かせるために、見えない場所に隠した(笑)
「もうオムツなくなっちゃったから、トイレでしようね~」と声かけ。

おまるを居間に置いているので、引き続き頻繁に声かけ。
シール作戦再び。トイレorおまるでできたらシールを貼れるように。

家では夜はオムツ、朝起きたらパンツを穿くように。
パンツは自分で好きな柄を選んでもらった。

外出の時も、少しずつトイレで用を足せるように。
でも、外にパンツを穿いて行くのは不安らしく、外出時はオムツ着用。
家ではパンツを濡らすことは何度もあったけれど、
だいぶおまるでできるように。
夜は(親も)不安なのでオムツで就寝。
お昼寝の時はなぜかパンツでも漏らさず。 

パンツを日に何度も取り替えるので、西松屋でパンツ追加購入。
勿論車柄(笑)
幼稚園に置く着替えの分もあるので、これでパンツは10枚以上に。


【幼稚園二学期】
だいぶトイレ成功率は上がったものの、パンツを穿いての外出は断固拒否(笑)
始業式の翌週くらいに幼稚園にお迎えに行った時(習い事の日)、
副担任の先生がいらっしゃったので、クラスのオムツ率をうかがったところ。
「夏休み前に比べてだいぶ減りましたね~」とのこと。焦る母(笑)
「パンツが濡れたら気持ち悪いからパンツは穿かない」に困ってると話したところ、
「濡れてもいいので穿かせてください、大丈夫ですから!!」
…と心強いお言葉を頂戴し、翌日から即パンツ登園(笑)

「もうね、オムツ穿いてるお友達はいないんだって」
「皆パンツマンに変身して、トイレでおしっこう〇ちしてるんだって」
「オムツ穿いてるのは赤ちゃん お兄ちゃんはパンツマンだよね~」
…等々言い聞かせ、パンツを穿く流れに持っていきました(笑)

特に「クラスのお友達はパンツを穿いている」
「オムツは自分だけ(実際は他にもいるけど)」…というのが、
「3歳のおにいちゃん」のプライドを刺激したらしく(笑)
以後はアッサリとパンツを穿いて登園するように~。
最初のうちは週に3~4回はおもらしで着替えて帰宅していましたが。
ここ最近では、お着替えは週に1回あるかないか程度。
おもらししていたのは、おしっこが出そうな感覚はもうわかっているけれど、
遊びに熱中している時にトイレを忘れてしまうよう(;´▽`A``

お昼寝時はパンツで寝ても大丈夫。
夜も、親が心配でこっそりオムツを穿かせたりするけれど(笑)
翌朝のオムツは濡れていません。
最初の頃はおねしょもあったけど、今はほとんどなくなりました。

お腹の調子が悪い時は、自分でも不安らしく、オムツを希望します。
こちらもそのほうが助かるので(笑)その場合は例外的にオムツにしています。
…というのも、まだオムツが残っているからですが。
それと、パンツにシールで留めるトレーニングパットもあるので、
オムツがなくなったら、心配な時はこのパットを使おうと思います。

最近はおしっこは立ってトイレで。
う〇ちはまだ踏ん張れないようで、おまるでしています。
トイレでおしっこした後に「うんち でちゃう~」といいながら、
居間に戻り、おまるでう〇ちしている姿はなかなか笑えます(^m^)


**********

以上が、息子のトイレトレーニング記録です。
「むずむず」したり「おしっこが出そうな感覚」というのが、
長らくわからなかったんじゃないかな~と思います。
3歳前は、明らかに「溜まって→出す」より「反射的に出る」、
まさしく赤ちゃんのような感じでした~。
なので、もじもじしたり等、見た目では私も気づけず(笑)
(というより、私が見逃し続けただけだったりしてw)
トイレやおまるに座らせるのは何度もやりましたが、
なかなかタイミングが合わずに、座ってもおしっこが出なくて。
初めてちゃんとトイレでできたのは、2歳3ヶ月になってからでした。


そして、極めつけは「(もらして)濡れたら気持ち悪いから、パンツ穿かない」主義(笑)
トイレに行くこと自体はムラがあるものの、それほど嫌がっていなかったのに。
とにかくパンツを穿かないので、「濡れる気持ち悪さ」や「出そうな感じ」を、
自分でわかるようになるまでかなり時間がかかったのだと思います。


全然進まなかったので、最後の手段は「幼稚園のお友達」を出すこと(笑)
「自分はお兄ちゃん」というプライドをうまく刺激し、オムツ卒業に繋げました。


夫には「母親がもっと真剣に取り組めば入園までにオムツとれたんじゃない?」
…なんて、入園後に言われてイラッとしたりもしましたが(笑)
結果オーライなのでいいです。
途中何度も悩んだり迷ったりしましたが、
「いつまでもオムツしてる子なんていないし、いつかはとれるハズ!」
…と自分に言い聞かせていました。
パンツマンになって、本当によかった!!
叱ってしまうママだけど、息子もよく頑張りました(*≧艸≦)

我が家は3WAYタイプのおまる(補助便座+ステップにもなる)を購入しましたが。
いろいろ聞くところによると、
おまるがいい子、トイレに行きたい子、子供によって違うので。
やはり両方に対応できるこちらのタイプがいいと、個人的には思います。
特に兄弟がいると、子供によってもタイプが違う場合もあるだろうし…。

また、息子のように「トイレに行くまで間に合わない」こともあるので、
(トイレ行く→補助便座+ステップをセット→自分が座る…までの時間がかかる)
最初は「まずおまる(トイレ)で用を足す」ことを最優先に、
居間などの子供が遊ぶスペースの近くにおまるを置いておくのも、
子供が自主的にトイレしようとする一助になるかと思います。
(息子も、お友達に影響されて居間におまるを移した途端、頻繁にするように)

息子のことをたくさん叱ってしまったり(叱るのはよくないんだけど)、
もう無理かも…と何度も諦めたりしましたが。
「きっといつかははずれるハズ!!」とどこかで気長に待ったのもよかったかも。
最終的には本人のやる気、これに尽きるので。


【まとめ】
以下、私が感じたことをまとめます。

・季節はやはり夏が進めやすい
・3WAY便座がオススメ(勿論補助便座だけで成功した友人もいます)
・オムツを脱いだり、パンツやトイレに興味を持ったらいつでも(2歳前でも!!)
・とにかくたくさんトイレに誘う(最初は成功しなくて当然)
・トイレの間隔を観察するのはいいけれど、わかりにくい子もいる
・勿論こまめに行くのがめんどくさくなることもアリ(笑)あって当然
・トイレですることに抵抗を感じないよう、いいイメージを植え付ける
 (トイレでできてすごいね/えらいね/かっこいいね/さすがおにいちゃん!等々)
・トイレが楽しくなるもの(好きな柄のパンツ、成功したらシール等)
・パンツは穿かせてなんぼ(笑)
・「パンツを穿いて→おもらし(そして洗濯)」…の体験は、避けて通れない儀式
・トイレが苦手な/失敗する原因を追究(息子は居間におまるを置いたら回数アップ)
 (トイレが遠くて間に合わない…って意外と盲点)
・成功体験の積み重ねが、子供自身の「尿意の把握」に繋がる
 (子供によるだろうけれど、尿意がわかるようになるのが遅い子もいる)
・成功したら褒めちぎる(笑)
・できるだけ叱らない、叱ったら必ずフォロー
・プライドをくすぐるポイントを知る(息子は「お兄ちゃん」扱い)
 (一歩間違えるとプライドを傷つける場合もあるので、見極め重要)
・(特に自分よりトイレトレの進んでいる)お友達のトイレしている様子を見せる、
 その友達がトイレでできたことを褒め讃える(笑)
…こんなところでしょうか、息子の場合(笑)


**********

 
Twitter等を通じてアドバイスを下さった先輩ママさん達、
その節は本当にありがとうございました!!
3歳過ぎちゃったけど(笑)ようやく息子もパンツマンになりました~。

かなり長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。
思いつくまま書いてたら、長くなりすぎちゃって(;´▽`A``
もうどうやって編集していいかわからないのでこのままアップしますごめんなさい!

トイレトレーニング中のママさん達、気長に頑張りましょうね。
いつかは本人もやる気になりますので~(笑)


我が家のおまる。
おまるを選んだ経緯はこちらに書いてます。
[PR]

by yasuyoleob | 2013-10-30 23:53 | 成長記録
<< オヒサシブリデス… 月兎印ドリップケトル >>